秋のメンズファッションで気をつけるべき3つのポイント

オシャレに決める秋のメンズコーデはバランスが大事

今年の秋は、急に暑くなったり、急に寒くなったりとコーデを決めるのも一苦労しますね。だからといってちょっと暑いからサンダルを履いてしまったり、ちょっと寒いから夏の服装にパーカーを合わせるだけでは、オシャレとは縁遠くなってしまいますよね。この季節に大切なのはまずバランスです。夏の延長線の格好でも冬に格好にいきなり変えてしまってもちょっとオシャレとはいえません。でも靴から上着までちゃんと季節のバランスをとればしっかりオシャレに変わってしまうんです。

季節感は配色が大事。夏のままになってない??

季節を表現するのに大事なのが、まず来ている配色です。夏のコーデにはみなさん明るい色が混じっていることが多いと思います。指し色で何色を使うか?インのイメージとなるのは何色か?大事なポイントです。秋と言えば男色です。夏では着づらい、ベージュやカーキ、ブラウンなどを着ることでグッと秋らしさをアピールできます。

秋を表現するには、服の素材も大事なポイント

もう一つ大事なのが、選ぶ服の素材です。メンズコーデはレディースほどの表現力がないので、コーデで選ぶ服の素材の表現力は、季節感を出すには大事な要素の1つになります。例えばニットを着るとしても、この時期に厚手のものを選ぶと暑苦しい印象となってしまいますよね。逆に秋らしさを表現するなら、薄手のニット、パーカー、デーラードジャケットを選ぶと、程よい季節感を表現できます。
どうでしょうか。配色と素材をしっかりと選び直すだけで、一歩リードした秋のメンズコーデが出来上がります。

カテゴリー: コーディネート   パーマリンク

コメントは受け付けていません。