2012年、秋の流行を押さえたオシャレ上級者のはずしテクニック

ごついブーツで一味違う雰囲気を出す

秋になるとブーツが本領を発揮してきますね。2012年も引き続きブーツの人気は高いようです。秋服でシックに演出をしながら、足元はエンジニアブーツなどでごついイメージをつけて、あえて崩した演出などすることで、一歩リードしたオシャレを演出できるのではないでしょうか。

上下の着こなしでギャップを作ろう!

秋服だからこそできるコーディネートとして、上下の着こなしでギャップをつけることです。2012年はショート丈の短パンが流行りましたが、短パンとジャケットなど組み合わせはこの秋だからこそできる着こなしです。ジャケットを羽織って、短パンを履いて、ブーツを合わせるなど、秋という季節を生かした上級テクニックです。

ストールやパーカで首元で遊ぶオシャレテクニック

秋になると重要になってくるのが首周りです。メンズのファッションシーンでも、だいぶストールは多様されるようになってきましたね。2012年も引き続きストールの活躍は続いていきそうです。カットソーなどに合わせるだけでも、かなりのアクセントになります。その他に巻き方をいくつか把握しておくと、バリエーションが増えてコーディネート力が着くのではないでしょうか。

カテゴリー: アウター | コメントは受け付けていません。

フェイクレザーはかっこよさ+機能性アップ

レザージャケットはカッコイイ

男性がかっこよく見えるアイテムに、レザージャケットがあります。
レザージャケットで決めた男性は、普段より男らしく感じてしまう女性が多いそうですよ。
この秋カッコイイ男性を目指すなら、レザージャケットははずせないアイテムですね。

ただ本革のジャケットは、着づらいというイメージがあります。
重量があり、ゴワゴワして動きづらいという意見が多いですね。
そしてお手入れも専用クリームで拭いて・・・などと大変ということがあります。

フェイクレザーなら実用性もアップ

なのでこの秋は、フェイクレザージャケットを活用してみてはいかがでしょうか。
PUレザーなどは、本革と変わらない完成度になっています。
軽量で動きやすい上に、水もある程度は弾きますので、急に雨が降ってきても安心。
天候が変わりやすい秋の季節には、ぴったりの素材と言えるでしょう。
水に濡れてしまったら水分を拭き取って、乾かせば良いだけ。
お手入れもラクなので、ヘビロテアイテムになること間違いなしです。

レザージャケットはどんなものにも合いますが、デニムやブーツは相性バッチリ。
クールにレザージャケットを着こなして、「カッコイイ」と言われる男を目指しちゃいましょう!

カテゴリー: アウター | コメントは受け付けていません。

秋の定番メンズファッションは必ず抑えよう

ブーツスタイルは秋の定番ファッション

ブーツスタイルは秋から本格的に使っていきたいスタイルの1つですよね。スタイルもブーツインしたりブーツアウトしたりで表現も豊かです。また、シックなスタイルに武骨なエンジニアブーツを合わせるなど、ハズすためのアイテムとしても定番です。ブーツスタイルはメンズファッションの定番中の定番と言えるスタイルではないでしょうか。

これからの季節にカーディガンは一着必ず持っておくべき

カーディガンは秋から冬にかけて活躍する機会は非常に多いと思います。生地も形も様々なので、自分に合うカーディガンはきっと見つかるはずです。カーディガンと一口にいっても、本当に様々な印象を表現できます。自分のファッションに合うものを見つける為には、生地や袖の形、襟の形、自分の体型に合うかどうか、さらに、どの服を組み合わせるかということも考えた方がいいと思います。少し大変ですが、カーディガン選びは慎重に行った方が、オシャレ上級者へグッと近づきます。

ミリタリースタイルは秋からが本番

ミリタリースタイルといえば迷彩やカーキを使った秋のメンズファッションの王道ではないでしょうか。定番はミリタリーカーゴパンツなどですね。サイズ感や柄などを検討して、やりすぎ無いように慎重に選びましょう。ミリタリースタイルは格好いいですが、やりすぎてしまうと軍人見えてしまうので、アクセントで活用するのが良いかも知れません。特にミリタリースタイルのやりすぎは女の子には評判が悪い気がします(笑)程度をわきまえながら、ミリタリースタイルを使えば、オシャレ上級者間違いないですね。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。

2012年、秋のメンズファッションを押さえるアイテムはズバリこれ!!

2012年のコーディネートにはデニムシャツは欠かせない

夏から秋に季節が変わると、特に重宝するのがシャツではないでしょうか。シックなスタイルでもラフなスタイルでもシャツなら、色々なコーディネートに活用できます。2012年のメンズファッションではシャツの中でも注目すべきは、ズバリ、デニムシャツ!パンツにはデニムよりも、チノパンやカーゴパンツが合いますね。生地も夏では着づらい生地だからこそ秋の季節感を表現できます。さらに一枚で羽織っても格好いいですし、冬の合わせ技にも活用できる重宝できるアイテムの1つです。
まずはデニムシャツを押さえておくのはいかがでしょうか。

ストールを1つで一気にオシャレ上級者の仲間入り

秋に必須のアイテムは、なんといってもストールではないでしょうか。ロンTとデニムにストールを巻くだけで一気にオシャレ度がアップします。しかも、ストールによってはいくつもの巻き方があって、使い勝手もかなり良いアイテムの1つだと思います!
この時期に選んでおくべきストールはニットよりもコットンなどの方が暑苦しい印象を与えることなく、秋を表現出来るのではにないでしょうか。柄はたくさんあるので、無難にチェックを選んだり、派手に勝負をしたいときはヒョウ柄なんていかがでしょうか。

カテゴリー: アイテム, コーディネート | コメントは受け付けていません。

秋のメンズファッションで気をつけるべき3つのポイント

オシャレに決める秋のメンズコーデはバランスが大事

今年の秋は、急に暑くなったり、急に寒くなったりとコーデを決めるのも一苦労しますね。だからといってちょっと暑いからサンダルを履いてしまったり、ちょっと寒いから夏の服装にパーカーを合わせるだけでは、オシャレとは縁遠くなってしまいますよね。この季節に大切なのはまずバランスです。夏の延長線の格好でも冬に格好にいきなり変えてしまってもちょっとオシャレとはいえません。でも靴から上着までちゃんと季節のバランスをとればしっかりオシャレに変わってしまうんです。

季節感は配色が大事。夏のままになってない??

季節を表現するのに大事なのが、まず来ている配色です。夏のコーデにはみなさん明るい色が混じっていることが多いと思います。指し色で何色を使うか?インのイメージとなるのは何色か?大事なポイントです。秋と言えば男色です。夏では着づらい、ベージュやカーキ、ブラウンなどを着ることでグッと秋らしさをアピールできます。

秋を表現するには、服の素材も大事なポイント

もう一つ大事なのが、選ぶ服の素材です。メンズコーデはレディースほどの表現力がないので、コーデで選ぶ服の素材の表現力は、季節感を出すには大事な要素の1つになります。例えばニットを着るとしても、この時期に厚手のものを選ぶと暑苦しい印象となってしまいますよね。逆に秋らしさを表現するなら、薄手のニット、パーカー、デーラードジャケットを選ぶと、程よい季節感を表現できます。
どうでしょうか。配色と素材をしっかりと選び直すだけで、一歩リードした秋のメンズコーデが出来上がります。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。

ひねりの効いたカラーコーディネートでライバルと差をつけよう!

洋服を選べるという自由、組み合わせるという自由を楽しんでみましょう

生まれてからずっとラビットファーの毛皮しかはおることのできないウサギや、ヒョウ柄しか着れないヒョウ達と違って、私達人間は、毎日自分の好きな装いを選べるという自由が与えられています。
選べるという自由、組み合わせるという自由、そんな喜びをかみしめながら時にはいろいろな色の妙を楽しんでみませんか?

ひねりの効いたカラーコーディネート

トップスには、ざっくり感のある華やかなレッド系丸首ニットセーターをセレクトしてみましょう。
裾と袖はリブ使いで、素材は暖かいウールをセレクト。
そしてインナーには、パープルのカットソー。
レッドカラーのセーターからチラリとのぞくパープルが、アート感を際立たせてくれます。
ボトムスには、綿素材のブラック×ホワイトのシンチバックのストライプパンツをコーディネート。
足元には、大人気のパープルのエアプレストスニーカー。
靴ひもにレッド色を加えて、トップスのニットセーターとのポイントコーディネートを楽しんでください。

2012年秋の人気のバロメーターアイテムは

2012年、秋の人気のバロメーターと云えば、キャスケット。
今回は、ネイビー色をセレクトしてみました。
無地でもストライプの折柄の質感がたまらない、おしゃれアイテムです。

個性のあるデザインの組み合わせ

今回のコーディネートは、それぞれが色や素材、デザイン等、個性のあるものばかりですが、その個性を上手に選ぶ楽しさ、そして組み合わせていく楽しさを存分に楽しんでもらおうと思って提案してみました。
ひねりの効いたカラーコーディネートで、ライバルと差をつけて下さい。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。

今年の秋はムードメーカーなファッションスタイルで決まり

2012年秋は素敵に変身してみよう

センス溢れるファッションスタイルで、そこに存在するだけで周りの雰囲気を変えてしまうムードメーカーな男、2012年の秋こそは、そんな素敵に変身したい方へのファッションコーディネートをプレゼンテーションしてみます。

神秘的なマジェスタカラーの上手な取り入れ方

今回のファッションのポイントは、マジェスタカラーのマフラー。
この神秘的でパープルでも赤でもない何だか不思議な色、マジェスタ。人間の頭の上に位置する第8のチャクラの色とも云われるマジェスタカラーのマフラーで、プラスのエネルギーを放ちながら周りの空気を一変してみて下さい。
そんな美しいマジェスタカラーに、思わず振り返る人も多いはず。
そしてこの美しいマジェスタカラーを引き立たせるために、あえて全身の色をブラック系でまとめてみました。
ブラック系の洋服のいいところって、シルエットを作りやすい点なのです。
トップスには、上質なブラック系カシミヤのハイネックセーターをセレクトします。
究極の着心地のカシミヤで、思わず気持ちもリラックス。
ボトムスには、ややタイトなブラック系ヘリンボーンパンツをコーディネート。
光沢のある綿ポリ素材なので、カジュアルなのにエレガントな要素も上手にミックスできるオススメの一品です。

足元のおしゃれも忘れずに

足元には、オールマイティーに様々なシーンで活用できる牛革製ポストマンブーツをセレクトします。
このブーツはヒールの高さが5cmあるので、足長効果が期待できるから、ブラック系でまとめた全体のコーディネートをよりスイタリッシュに見せてくれます。
ロマンチックな秋に、ムード溢れるスタイルでコーディネートしながら、癒し系男子の出来上がりです。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。

秋コーデにおしゃれなドレスシャツを取り入れるには?

華やかなストライプのドレスシャツで存在感をアピール

今回は、おしゃれなドレスシャツを上手に着こなすテクニックを紹介します。
トップスには、トラッド系のインディゴカラーの太めストライプのシャツで、圧倒的な存在感をアピールしましょう!
このシャツは、袖がロールアップできる2WAYデザインなので、日中の暖かい時には、袖をボタンで留めて折り曲げて着れます。
スリムフィットなデザインで、大きめ衿がおしゃれなのです。
中にTシャツなどのインナーを着て、ジャケットっぽくはおったりといった着こなしも出来ます。
オールシーズン対応なので、ワードロープに加えておきたい一品です。
そして重ね着に重宝する美シルエットなブラックのカーディガン(素材;アクリル、ウール)を合わせて下さい。
漆黒の色が、インパクトのあるインディゴカラーのストライプシャツを引き立ててくれます。

ボトムスにはサスペンダー付きパンツでちょっとかわいくコーディネート

ボトムスには、チャコールカラーのサスペンダー付きパンツ(裾折り返し裏地ブルー)で、ちょっと甘さを出してみましょう!
このサスペンダー付きパンツの裾は、折り曲げると裏地がブルーなので、シャツのインディゴカラーとマッチするのです。

きれいめカジュアルのスニーカーの活用

足元には、きれいめカジュアルのおすすめアイテム、ブラック系ハイカットスニーカーをチョイスします。
これはアッパーがスエードで、ソールがゴム素材なので、スニーカーでもきれいに履きこなせます。
靴ひもは、シャツの色に合わせてブルーをセレクト。

ファッションが世の中を明るくする

おしゃれをするのって、本当にワクワクドキドキして楽しいですよね。
私はファッションが人を明るくする、ファッションが経済を明るくする、そしてファッションが世の中を明るくしていくと思うのです。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。

ミリタリースタイルでワイルドなタフガイを演じながら草食系男子脱出

ミリタリー柄を上手にファッションに取り入れるには

 最近巷では草食系男子がもてはやされていますが、ヤワな生き方はどうも納得がいかないという、今回はそんなワイルドなタフガイの秋のファッションを提案してみます。
 今回のコーディネートの鍵となるのは、「ミリタリー(迷彩)柄」。
 だからトップスにグレーのミリタリー柄フード付ダウンベストをセレクトしてみました。
 グリーン系と違ってグレーのミリタリー柄だと、比較的落ち着いた色合いにまとまるので、普段使い用としてコーディネートしやすいのです。
 インナーには、シンプルな綿素材の丸首のブラック系カットソーをセレクト。
 そしてボトムスには、ブルー系ヴィンテージ加工のデニムを合わせます。
 ヴィンテージ加工のデザインが、ワイルド感をさらにアップさせてくれるのです。

靴の素材にもこだわって

足元には、オーソドックスなフェイクレザーのスニーカーで、少し落ち着き感を持たせます。
 フェイクレザーのスニーカーは、カジュアルなのに何だか高級感漂わせる落ち着いたデザインに加えて、履き心地満点、見た目も満点なのです。
 そして胸元にはワイルド男のお守りの定番、シルバーのダガーペンダントで決めます。
 これから秋から寒さの厳しい冬へと移りますが、人生のどんな荒波にも太刀打ちできるような、ワイルドなタフガイを演じて見てください。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。

チノパンをよりスタイリッシュに着こなすための秋コーディネート

きれいに見えるチノパンとは

男性だったら、カジュアルの定番チノパンの1,2本は誰でも持っているのではないでしょうか?
 今回は、カジュアルの代表格チノパンのスタイリッシュな着こなし術を提案します。

大き目の衿で小顔効果

 トップスには、ネイビー色のポリエステル素材のピーコートをセレクトします。
 このピーコートのバックベルトは、ウエストラインを調節できるので、シルエットを自分好みに作る事が出来ます。
 全体的にタイトなシルエットで丈が短めなので、足長効果に見えることと、大きめの衿のデザインで小顔効果も期待できるのです。
 インナーには、さし色としてきれいなミディアムパープルのVネックニットをセレクトします。
 素材はウールでも薄手なので、スリムなラインのピーコートとコーディネートしやすいのです。
 Vネックの衿と袖先には、赤のアクセントカラーで、全体的に暗めなコーディネートに変化を持たせます。

 

きれいめのチノパンってどんなデザイン?

 ボトムスには、ブラック系で素材はポリエステルの割合が多いショートカットのチノパンを持ってきます。
 綿よりポリエステルの割合が多い方が、光沢が出てしわになりにくいので、きれいに見えるのです。
 そしてショートカットシルエットが、ピーコートの短め丈とマッチして、より足長効果が期待できるのです。
 足元には、秋色ブラウンの牛革のアンティークレザーの短靴をセレクトします。
 アンティーク加工だから、全体のコーディネートに趣きを与えてくれるので、チノパンスタイルでも決してカジュアルになりすぎずに、よりスタイリッシュにまとめてくれます。
 靴下は、秋色のチャコールグレーの薄手の物を合わせてみて下さい。

カテゴリー: コーディネート | コメントは受け付けていません。